伊予柑ピールとジャム。

伊予柑が美味しそうだったので、こんなものを作りました。

 

f:id:trbakisan:20210223165529j:image

f:id:trbakisan:20210223165547j:image

f:id:trbakisan:20210223165614j:image

f:id:trbakisan:20210223165621j:image

f:id:trbakisan:20210223165656j:image

 

伊予柑ピールと伊予柑ジャム。

 

ほろ苦で大人の味ですが、クリームチーズととても好相性。

 

早速カンパーニュに入れて焼いたのですが、写真は撮り忘れ…

 

柑橘の香りがとっても良くて、クリームチーズを塗って食べると最高でした。

 

ラム漬けフルーツに混ぜて、パウンドケーキも焼きましたが、これまた写真なしw

 

作ったものを写真に撮る癖をつけなければ…

 

また作ろう〜

 

 

ハイブリッド!レーズンパン

少し前に買った生イースト。

 

生クリーム食パンを何回も作り

f:id:trbakisan:20210223165048j:image

f:id:trbakisan:20210223165109j:image

 

f:id:trbakisan:20210223165124j:image

 

それでも余ってます。

 

一回数gしか消費しませんので、当然使い切れず。

 

なので、賞味期限の切れた生イーストを、元気の無くなった自家製酵母の元種と一緒に混ぜ込みましてw

 

f:id:trbakisan:20210223164615j:image

f:id:trbakisan:20210223164626j:image

 

ハイブリッド酵母のレーズンパンw

 

高橋雅子さんの本を参考に、生イーストを勝手にイン、国産小麦のゆるめの生地を捏ねる気力がなく、勝手に大さじ1の強力粉をインw

 

 

正四角形の1斤型で作ったのですが、二次発酵中に洗車をしていたらあっという間に型上3センチ!

 

オーブンを予熱する時間すらもったいなくて、コールドスタートして180度30分。

 

相当テキトーに作りましたが、それなりに出来上がりました。

 

 

子供と私のオヤツにします。

 

 

まだまだ使い切れないなぁ…

 

 

米麹作り

パンとは関係ありませんが、発酵のハナシ。



ここ数年、冬になると味噌作りをしています。

遅くなると、3月仕込みの事もありましたが、だいたい冬に仕込んで、秋頃から味噌汁に使います。



昨年乾燥大豆2キロを仕込んで、1人でとても大変でした…今年は、とりあえず乾燥大豆1キロを仕込みます。


(少なかったらまた春頃に仕込むかもしれませんが)



で、まずは米麹を仕込みました。


●今回の材料●

・米3合

・麹菌適当(米1キロに対して1gほど必要)

私は多めに、ご飯にふりかけ掛けたみたいになるくらいかけています。目分量ですw




・米3合を一晩水に漬ける。

f:id:trbakisan:20210212202904j:plain

・一晩経ったらザルにあけ、1時間ほど水切り。時々混ぜたり、真ん中を凹ませて均等に水が切れるようにする。(2〜3時間と書いてあるサイトもありましたが、圧力鍋で蒸すと硬めに仕上がる様な気がするので、私は短めにしています)



・蒸し布でザルごと包み、圧力鍋で25分加圧。自然にピンが下がるまで待つ。

f:id:trbakisan:20210212203030j:plain




・蒸しあがったら消毒した鍋に出し、消毒したしゃもじで混ぜる。温度計で測りながら、40度くらいまで。※熱々に麹菌を混ぜると、死滅します。

f:id:trbakisan:20210212203455j:plain


・40度ほどに下がったら、麹菌をふりかけ、よく混ぜる。


・濡れ布巾を挟んで鍋の蓋を閉め、電気毛布で保温開始。

f:id:trbakisan:20210212203538j:plain

・温度は32〜35度程度を維持できるように調整する。


・8〜12時間後、温度が38〜40度に上がってきたら、蓋を開けてしゃもじで全体を混ぜる。


・再度温度が35度以下に下がった事を確認し、布巾と蓋をして保温。


・8〜12時間後、再度温度が38〜40度に上がってきたら、混ぜる。

f:id:trbakisan:20210212203722j:plain


この時点で、白くフワフワと麹菌が成長してきています。完成まで後少し。



・再度保温。この時点で温度は35〜38度くらいを維持できるようになっていると思うので、保温を気持ち弱くする。


※乾燥が気になる季節なら、時々霧吹きで水分補給。


・8〜12時間経過し、白くフワフワした菌糸がびっしり成長していたら、完成。

菌糸が伸びて、ほろほろ崩れながらも板状になります。

f:id:trbakisan:20210212204134j:plain






完成したら、味噌作りに使います。


生麹なので1週間ほどなら冷蔵庫で保存できます。長く保存するなら、塩を混ぜて塩きり麹にするか、冷凍するのがおすすめです。




時間や温度など、上がりきっていないタイミングで混ぜたり、逆に温度が下がりすぎちゃって慌てて温度を上げたり、てきとーにやっててもそれなりに出来上がりますw


ただ、温度が45度とかに上がりすぎると甘酒化しますので注意が必要です。





私はこちらで麹菌を購入しました。

一回で少量しか使わないので、とても長持ちします。保存は野菜室に入れています。




山食 生クリーム入り第二弾

イーストはまだまだ残っておりますので、また焼きました。


f:id:trbakisan:20210212200711j:plain


分割がテキトーなので、こんな感じにw




前回の山食レシピに、練乳を20g入れ、蜂蜜と水分を若干減らしました。




さらに、粉にはゆめちからを20gブレンド


前回よりさらに柔らか〜く焼けました🍞


f:id:trbakisan:20210212201035j:plain

腰折れしてる⁉️と二度見👀




f:id:trbakisan:20210212201113j:plain


きめ細かくて、ふわんふわんでした。


嬉しい〜   




イースト消費のためドーナツも作りました。


f:id:trbakisan:20210212201349j:plain







生イーストで生クリーム入り山食

さっそく生イーストで山食を作りました。

 

生クリーム山食パンが食べたいと言う家族のリクエスト。

 

そして使い道も考えず、生クリーム2パックも買っちゃったから消費しなければw

 

 

⭐️山食パン(生クリーム入り!)

←生食パンと言うにはおこがましいので、あくまでも山食w

 

●材料●

正方形一斤型(1700ml)

 

・春よ恋220g

・ドルチェ30g

・砂糖10g

・蜂蜜25g

・水150g

・塩3.8g

・生クリーム50g

・生イースト9g

・バター12g

 

 

●工程●

 

①粉、砂糖、塩は全て合わせてホイッパーで混ぜる。水と生クリームは人肌にして合わせる。

イーストは水分量の大さじ2ほど取り分けて溶かす。溶かしたイースト液、はちみつを水分に混ぜておく。

f:id:trbakisan:20210210095704j:image

f:id:trbakisan:20210210095819j:image

 

②水分を加えて混ぜる。
f:id:trbakisan:20210210095711j:image

 

この生地、かなりベッタベタです。

自分で水分量やら計算したレシピなので、まとまらないかも…と不安になります。

 

機械捏ね推奨。

 

②手につかなくなって、つるっとしてきたら常温にしたバターを混ぜる。

f:id:trbakisan:20210210100022j:image

 

③心折れそうになりますがめげずに捏ねる。

最後は手で捏ねて、なんとかまとまりました。

f:id:trbakisan:20210210100245j:image

 

つるん!

はー良かった。

 

④一次発酵。

この日はエアコンつけた室内で21度。

8割ほど膨らんだところで、パンチ。一度取り出して、ガス抜き、3つ折り2回、ボウルに戻す。

 

⑤発酵が完了したらガス抜きして2分割。丸めて濡れ布巾をかけ、15分ベンチタイム。

 

⑥閉じ目を上にして綿棒で伸ばす。

型の幅に合わせて両端を中央に向かって折りたたみ、さらに縦に伸ばして、端からクルクル巻く。

 

⑦オイルを塗った型に入れる。

ようやく写真撮ったw

f:id:trbakisan:20210210100739j:image

 

⑧型から頭が出るくらいまで2次発酵。

f:id:trbakisan:20210210100917j:image

膨らみすぎ⁉️

牛乳を塗って、霧吹きをして急いで予熱したオーブンへ。

 

⑨200度に予熱したオーブンへ入れ、開始せずにそのまま5分ほど待ちます。(コンベクションが切れないため)

 

f:id:trbakisan:20210210101059j:image

 

風船できた🎈

 

170℃くらいに自然と下がってきたところで、170度に設定し直し、23分。 

 

 

⑩美味しそうな焼き色がついたところで完成❗️

f:id:trbakisan:20210210101605j:image


f:id:trbakisan:20210210101702j:image

 

焼き上がりふわっふわ。 

 ほんのり甘く、食べやすいです。

家族からも美味しいと好評でした。

 

次の日もそのまま美味しくいただけます。

それ以降は、イーストの臭いやパサツキが出てくるのでトーストがいいかもしれません。

 

 

個人的には、

 

・もう少しミルクの香りが欲しい

・そのまま食べるには意外と甘さ控えめなので、もう少し甘みを足しても良さそう

・もう少し釜伸びしてほしかった


 

と言う感想。

 


またレシピ変えて焼きます!



 

イーストは富澤商店の実店舗で買いました。

100gだから、10回くらい焼けば1週間で消費できるかしら…  


生イースト

家族から

 

「ふわふわの山食パンが食べたい」

 

と、言われました。

 

 

ここ数年は、自家製酵母と国産小麦で食パンなど焼いていましたが、当然ズッシリ重い仕上がりになっていました。

 

 

少し前に焼いた、このレーズンパン。

 

f:id:trbakisan:20210210071340j:image

 

レーズン100gを蒸してラムを振って入れ、2次発酵もなんとか膨らんだような気がしていましたが…

 

焼き上がりはいつになく重い❗️

家族に「筋トレするの?w」と言われる始末w

 

 

誰も食べず、全部自分で食べました…_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

これまで、しばらく自家製酵母でパンを作ることにこだわっていましたが、特に食パンに関しては、なかなかうまく作れていませんでした。

 

 

ドライイーストは便利だし使いやすいけど、臭いが好きじゃないし…

 

 

少し悩みましたが、新しいチャレンジをしてみることにしました。

 

 

 

f:id:trbakisan:20210210075750j:image

 

 

イーストです。

 

 

賞味期限がとっても短いので、今まで手を出して来なかったのですが。フワフワパンを作るために購入しました。

 

 

ふわふわパン、焼けるといいな…

 

 

 

 

賞味期限が冷蔵庫で1週間ほどなので、頑張ってパンを作ろうと思います。

 

ベーグルとカンパーニュ へたぱん


先日作った、発酵時間長めのベーグルがフカフカで、好きな出来上がりだったのでもう一度作ってみました。

 

発酵前

f:id:trbakisan:20210203095332j:image

 

2時間発酵後

f:id:trbakisan:20210203095350j:image

 

ふっくらしすぎな感じもありますが、とりあえずここまでは順調。

 

カフカを目指して、いつもより気持ち短めにケトリングして焼成

 

f:id:trbakisan:20210203095430j:image

 

…おや?

なんだか様子がおかしい。

 

焼き上がり。

f:id:trbakisan:20210203095504j:image

f:id:trbakisan:20210203095522j:image

 


きのこになっちゃいました🍄

 

発酵過多?(可能性大)閉じ目が甘かった?ケトリング足りなかった?(これも可能性大)

 

ちょっと膨らみすぎちゃいましたね。

でもフカフカで、これはこれで美味しいので、ハンバーガーにでもしようかな。

 

 

ちなみに、こんなのも焼きました。

ぼっちゅんcafeあんこさんの本から、カンパーニュ。

 

f:id:trbakisan:20210203100228j:image

 

なんじゃこりゃw

 


カンパーニュ、今のスキルではこの程度にしか焼けません。

昨日は2次発酵中に子どもを寝かせてて、おそらく過発酵だった…

 


我が家のオーブンは蒸気が出せないので、初の鍋焼き。


予熱した無水鍋を被せて15分焼成し、その後外して240度で20分。焼き色が強くなりすぎたので急いで取り出しました。

 

f:id:trbakisan:20210203100824j:imagef:id:trbakisan:20210203101128j:imagef:id:trbakisan:20210203101139j:image

 

うーん、二次発酵と焼成中に気を抜いて、きちんと見てないのがいけないんでしょうねw

 

気持ち、焼きが甘くて水分多めのもっちり食感ですが、皮が薄めで歯切れが良く、これはこれで好きでした。


サンドにしてもよさそう。


 

クープが開くパンを作れる様になりたいなぁ。

がんばります。

 

 



カンパーニュで参考にさせていただいた本です

ズボラでOK! 手作り酵母のパンとお菓子

ズボラでOK! 手作り酵母のパンとお菓子

  • 作者:あんこ
  • 発売日: 2014/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)